不妊治療をお考えの方へ

検査について

不妊検査は約1か月

検査について

 一般に、基礎体温、精液検査、頸管粘液検査、ヒューナーテスト、子宮卵管造影検査、経腟超音波検査が基本検査といわれています。そのほか、子宮鏡検査、卵管鏡検査、腹腔鏡検査もあります。
 検査は一度にできるわけではなく、生理の周期に合わせて行われます。例えば、子宮卵管造影検査は子宮内に管を入れ、造影剤を入れたり、レントゲンを撮ったりするので排卵前に、頸管粘液検査やヒューナーテストは排卵期に、というふうに、それぞれの時期に応じた検査を行うため、検査に要する期間は通常1か月となります。
 そのほかに精子を異物としてブロックしてしまう抗精子抗体を調べる血液検査や、いくつかのホルモン検査、クラミジア抗原・抗体検査などもあります。また近年、卵巣予備能(残りの卵の総量の参考になる)をみる血液検査として、アンチミューラリアンホルモン(AMH)が注目されています。
 すべての検査を必ずしなくてはいけないわけではなく、医師によってはあまり重要視しない検査もあります。

なぜなら不妊症は、検査で全ての原因が特定できる訳ではないからです
手術が勧められる方には、個別に病院を紹介させて頂きます。 また、痛みを伴う子宮卵管造影検査は行わず、かわりに痛みの少ない経腟超音波下通水検査をしています。

 

不妊症と一般的な病気との違い

 一般の病気は、お腹が痛いとか、咳が続くとか、何か症状があって、それに従って検査をし、原因が判明して診断がつき、診断に対して治療を行います。
 しかし、不妊症は、痛みも不快感もなく、検査でわかることはあまりに少ないため、原因の特定が難しいのです。精子も卵子も異常がないのに受精できない時もあるし、細胞分裂しないこともあります。排卵があっても、卵子が入っている袋(卵胞)の中の卵子がすでに変性していることもあります。
 ですから、不妊症の原因に関しては、妊娠に至る過程の段階での何らかの障害があると想定します。それを排卵障害とかピックアップ障害(排卵した卵がきちんと卵管に取り込まれない事)、受精障害、卵管障害、着床障害といった呼び方をします。
 また、卵自体の問題もあります。卵の質が落ちていて、赤ちゃんまでいけない卵、染色体異常がいっぱい発生する場合もあります。
 妊娠できないのはなぜか、どこが悪いか、何が原因か、多くの方はそういうことを気にします。しかし、不妊症に関しては、検査の結果は正常であったり、仮に何か見つかっても、本当の原因までは特定できなかったりすることがほとんどです。何かしらの原因があって、そのプロセスで障害が起きているのでしょうけれども、今の医学ではまだ全部解明されていないのです。

【不妊検査でわかること・わからないこと】

 排卵があるかどうかは基礎体温である程度見当がつきます。さらに、超音波で見れば卵胞の成熟の度合いや、排卵しそうな卵胞、排卵せずに残った卵胞などがきちんと見えて、よく分かります。
 ただし、排卵した卵子がきちんと卵管に取り込まれたかどうかは確認できませんし、卵の質も分かりません。
 卵子と精子が出会う卵管がきちんと開通しているか、ふさがっていないかは、子宮に細い管をいれ、管から造影剤を注入しながらレントゲンを撮る子宮卵管造影検査で判断できます。当クリニックでは、レントゲンではなく、超音波で検査しています。
 精子があるかないかは精液検査をすれば分かります。ただ、その精子に受精能力があるかどうか、きちんと卵の中に入っていけるかどうかは判断できません。
つまり検査で、排卵があるか、卵管が詰まっていないか、きちんと動く精子が一定数あるかなどは分かりますが、先に挙げた ピックアップ障害や受精障害、着床障害、卵の質の問題などはまったく分からないのです。

 ですから、治療の最初に行ういくつかの検査とは、精液検査できちんと精子がいて、子宮卵管造影検査できちんと卵管が通っていて、超音波検査できちんと排卵があるーそれは単に妊娠に向けてのスタートラインにつけるかどうかの基本を知るためのものだということです。
 これらの検査で「正常です」といわれて「正常なのに妊娠できない」と思ってしまうと、間違いなのです。

治療内容

工事中

二人目不妊

二人目不妊の方へ

二人目不妊の方へ

 俗に言う「二人目不妊」とは、流産歴の有無を問わず一人お子さんがいて、その後次のお子さんがなかなかできない状態をさします。 一人目を妊娠、出産していますので基本的には妊娠する可能性が高いと思われますが、やはり一般不妊症検査は必要です。
「一人子どもを出産しているから、そのうちできるよ」と様子をみることが多いので、前回の妊娠から5年以上経過してから受診される方もいらっしゃいます。しかし、最近の晩婚化や一人目出産からの時間の経過のため、すでに高齢となっていることが多く、治療を急ぐ方が良い場合は少なくありません。
治療は、基本的には前回妊娠した方法(自然妊娠の場合はタイミング法)から開始し、ステップアップを行っていきます。

(※二人目不妊の場合、不妊期間は出産後ではなく月経再開後から計算しますが、授乳中の期間は除いてください。)

二人目不妊の原因

1. 年齢の変化

すでに一人目出産から数年の時間が経過しています。すでに35歳を越えている場合も多く、年齢の変化が関与している可能性があります。
35歳以上を高齢妊娠としますが、1年や2年で急に何かが変化するわけではなく個人差もあります。しかし、卵子の質・予備能と卵巣の機能低下は年齢とともに進んでいきます。それらの低下に伴い、排卵誘発剤に対する反応性も低下して、発育する卵胞の数も減少してきます。
また、年齢とともに増加する子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣腫瘍などの婦人科疾患も不妊症と関与します。
さらに妊娠したとしても、年齢とともに流産率も上昇していきます。

2. 排卵機能の変化

第1子出産後に月経が変化することがあります。月経痛や月経不順が改善したと良い方向への変化もありますが、逆に不規則になってきたなどの変化もあるようです。
月経が不規則となると排卵がうまく行われていない他、性交のタイミングもあわせにくくなります。
また、第1子分娩時にショックを起こすほどの大出血があると、出血性の下垂体機能不全が発生し排卵障害を起こすこともあります。

3. 卵管環境の変化

卵管には「輸送管」としての働きの他に、卵子を卵管内に導く「ピックアップ機構」が備わっています。卵管の末端の「卵管采」はイソギンチャクのような構造になっていて、卵巣から排卵する卵子を捕まえますが、この機構が働かないと卵子は卵管に誘導されず、精子と出会うことはできません。
卵管炎や子宮内膜症、骨盤~腹部の手術歴がある場合には卵管の癒着や閉塞などが起こりえますが、「ピックアップ障害」はそのような既往がない場合にも起こり得ます。
原因の判明しない、いわゆる「機能性不妊症(原因不明不妊症)」の一つの原因と考えられています。
実はクラミジアや子宮内膜症で、元々卵管の片方が閉塞している状態で前回の妊娠が成立したけれども、その後の時間の経過で、もう片方の卵管が閉塞・癒着し、うまく機能しなくなった可能性があります。また、前回出産後の、新規の感染症(クラミジアなど)による卵管因子も原因として考えられるかもしれません。

4. 本来は不妊症だった

何回も体外受精を行ったけど妊娠に恵まれずにいた方がしばらく治療を休んでいるときに自然妊娠で子供を授かったという話は、時々あります。この場合なかなか妊娠しにくい状況にあったけれども、たまたま妊娠して出産したと考えられます。このたまたまの妊娠が最初に発生すれば、出産後に不妊症になった様に思えますが、実はもともと妊娠しづらい状況だったのかもしれません。

 可能性について列挙しましたが、「二人目不妊」だからといって、特別な原因や対応策があるわけではありません。特にお一人目を希望後すぐに妊娠された方の場合、不妊クリニックへの受診に抵抗を感じる場合も少なくないとは思いますが、何年もただ様子をみるのではなく、早めに専門施設を受診することが妊娠への近道になると考えます。

【お子様連れでのご来院についてのお願い】

 申し訳ありませんが、安全上の理由からお子様と同伴での受診は控えていただいております。 当院の近隣に託児施設がありますので、必要でしたらご利用ください。

 

げんきっこランド
大阪府吹田市江坂町1-23-34 9F
Tel:06-6388-0176
詳しくはこちら

不育症について

不育症について

不育症について

  妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子供を持てない場合、不育症と呼びます。
 習慣流産(3回続けて流産)あるいは反復流産(2回続けて流産)はほぼ同意語ですが、これらには妊娠22週以降の死産や生後1週間以内の新生児死亡は含まれません。不育症はより広い意味で用いられています。

 何回流産を繰り返すと不育症と定義するか未だ決まっていません。しかし、一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症の可能性を考え、原因を探索する場合があります。また1人目を正常に分娩しても、2人目、3人目が続けて流産や死産になった際、続発性不育症として検査をし、治療を行なう場合があります。

(※二人目不妊の場合、不妊期間は出産後ではなく月経再開後から計算しますが、授乳中の期間は除いてください。)


不育症のリスク因子

不育症のリスク因子

 子宮の形が悪い子宮形態異常が7.8%、甲状腺の異常が6.8%、両親のどちらかの染色体異常が4.6%、抗リン脂質抗体症候群が10.2%、凝固因子異常として第XII因子欠乏症が7.2%、プロテインS欠乏症が7.4%あります。
 なお、不育症例に陽性率の高い抗リン脂質抗体の一種である抗PE抗体陽性者が、34.3%に認められますが、この抗体が本当に流産・死産の原因になっているかは、未だ研究段階です。
その他、NK活性という免疫の力が亢進している症例も認められますが、この検査の意義も未だ不明です。

 検査をしても明らかな異常が判らない方が65.3%にも存在します。抗PE抗体陽性者を除いても約40%はリスク因子不明です。この「リスク因子不明」というのは、正しくは「偶発的」と考えた方が良いのかも知れません。

 流産の原因で最も頻度の高いものは赤ちゃん(胎児)の染色体異常で約80%に存在します。したがって3回流産したことのある人で、赤ちゃんの染色体異常をたまたま3回くり返した人は0.8×0.8×0.8=0.512となり、51%を占めます。つまり赤ちゃん以外の要因(抗リン脂質抗体、凝固異常、子宮異常、甲状腺異常、夫婦染色体異常)は約半数となります。この偶発的流産・リスク因子不明(65.3%)の中で、51%は何のリスク因子もないカップルです。
 これらのリスク因子を調べて原因がはっきりとした人は治療を行ないますし、原因が判らなかった原因不明(偶発的な流産をくり返したと思われる方)の方は何も治療をしなくても、次回の妊娠で成功する確率は高いです。

流産回数と次回妊娠成功率との関係

流産回数と次回妊娠成功率との関係

過去に5回までの流産であれば、おおむね治療成績は良好です。
ただし、6回以上の流産歴のある方は難治性で特別な治療法が必要かもしれません。


諦めずに妊娠すること

 夫婦染色体異常、偶発的流産・リスク因子不明例では、特別な薬物治療は行いません。(カウンセリングのみ)
 以前は、夫婦染色体異常例では流産率が極めて高く、子どもを持てないと誤解されていましたが、そのような事はなく流産率は高いのですが、最終的には多くの方が子どもを持てることもわかってきました。
 このことは朗報で、諦めずに妊娠することの重要さを示しています。
また、原因によっては、アスピリン療法(Asp)、ヘパリン療法(Hp)、ステロイド療法(ST)で、治療成績は良好であり、正しい診断と治療が必要なことがわかります。
 原因不明例では、カウンセリングのみで、良好な治療成績であることがわかってきました。
したがって決して悲観的にならずに、妊娠へ挑戦することが重要です。  

  • なかむらレディースクリニックコラム~日日是好日~
  • 自然妊娠をお望みの方へ
  • 資料ダウンロード
  • 常勤・非常勤医師 募集
  • 看護師 募集
  • 不妊治療セミナー開催のお知らせ
  • LINEスタンプ販売中

CONTACT

お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

TIME TABLE

受付時間
8:00〜10:30
15:00〜16:30
16:30〜18:00

[休診日] 土曜午後、日曜午後、祝日午後
日曜日・祝日の初診は予約のみです。
予約はこちらからお願いします。

※土曜日の窓口受付時間は 8:00~11:30 となります。
祝日の受付時間は、8:00~10:30 です。
担当医につきましては、担当医カレンダーをご参照ください。

ACCESS

電車でお越しの方
地下鉄御堂筋線 江坂駅4番出口より徒歩3分

車でお越しの方
新御堂筋 江坂出口を下車、広芝町交差点を西へ

当院には駐車場はありませんが、近隣にはコインパーキングが多数あります。
近隣の駐車場マップはこちらです。